エッチな人妻出会い

  • 投稿日:
  • by

私は、人妻出会いSNSで、このところエッチな人妻を探しています。エッチする場所は、もっぱら私の家なんですが、プレイ中は、クンニ中心です。
私は、出会い系の人妻のアソコからでる愛液の味を楽しんでいます。
人妻も私のクンニに興奮しているのか、無我夢中で腰を振り続け、先に音を上げたのは、エッチな人妻でなく男の私でした。
「そんなに強く吸われるといっちゃう」

これが、人妻出会いSNSの女の口癖でした。それを言われると私も興奮するのです。
口の中に人妻のラブジュース味が広がって、のどの奥にどろりとしたねばっこい液体がへばりつきました。その濃厚さを舌で味わいながら、私はそれをのどを鳴らして飲み込んだんです。性病の心配はしていません。

これだけ出会いサイトで遊んでも今まで、性病になったことがないのです。免疫が強いのかもしれません。

そして、私は、彼女の足元に座り、再びクンニを始めました。手マンも織り交ぜながら。
その後、攻守交替で、私は人妻に手を取られて立たされると、後ろから抱きかかえられる格好で、ペニスの上に腰を落としていきました。すでにあそこは、私の唾液と愛液が混ざりあって濡れているので私のイチモツも簡単に挿入されました。

乳房の間にペニスを挟んだりもしました。いやらしいエッチな音が部屋に響きます。
舐めはじめると、締めつけてくるやらしい人妻です。
夫以外の男に二股かけて、その二人に同時に犯されて感じるような変態人妻!
亀頭をしゃぶりながらそう言うと、私を膝に乗せ、下からぐんぐんと腰を突き上げてきました。子宮に当たるペニスの感触に、快感が込み上げている様子でした。

人妻の言葉に、背筋がぞくぞくするほど感じました。やがて私は、人妻のお尻の奥に指を伸ばし、恥ずかしい穴を指で刺激しました。
お尻にまで入れられたら、私ほんとうにおかしくなつちやうかもと人妻は、まんざらでもなさそうでしたが、アナルセックスの経験はないようです。
うっとりしている人妻の顔面に私は、いきなり精液をぶちまけました

イカ臭い匂いにつつまれ、人妻はアクメに達していました。そして初めて出会った人妻とホテルに泊まりました。人妻出会い

人妻の魅力というのは、やはり、包容力

  • 投稿日:
  • by

世の中の男性は、女性は若い方がいいというのは、当たり前のことでした。世間ではどんな男性も若い女性ならなんでもよいというような思考の人が多かったと思います。
そんな思考がまかり通っていた時代は、バブル時代だったのではないでしょうか。男性が、仕事も、お金も潤っていた頃の時代です。
バブル期が終わり、どんどん、経済の状況が悪くなり、仕事や収入という面で男性の自信というのが薄れていくに従い、人妻ブームもやってきました。
人妻ブームがやってきた背景には、日本には、精神的に疲れてしまった、男性が非常に多くなってきたことがあげられます。
男性が、「癒されたい」という欲求を持つようになりました。
人妻の魅力というのは、やはり、包容力が一番にあげられます。
女は若い女性のように、わがままを言ったり、高価なプレゼントをねだったりしません。
男性は、若い女の子に尽くすような気力も経済力もすでに失ってしまったのです。
そして、人妻の魅力はおねだりをしないだけではありません。
熟女は、若い女性とは逆に、男性に尽くしてくれます。プレゼントなども頻繁にしてくれます。
更に、若い女性というのは、自分のつまらない話ばかりをしますが、熟女は、疲れた男性の愚痴を優しく聞いてくれます。
男性にとって、人妻は、自分に貢いでくれたり、優しく尽くしてくれたり、という居心地のよい存在なのです。
男性がすることはただ、熟女に甘えていればいいのです。
若い子と一緒にいると気を遣って疲れるが、人妻と一緒にいると男性は、非常に楽なのです。
はやりすたりの激しい世の中で、いろいろとブームがありますが、最近テレビに引っ張りだこのお笑い芸人の肉食熟女。
彼女達が出演するレギュラー番組や動画は8本以上だそうです。最近ではあのセクシーシンボルと共演されている深夜番組も大好評だそうです。彼女の魅力とは一体何なのでしょうか。
彼女はオアシズというコンビで熟女の光浦靖子さんと組んでいるそうなんですが、その歴史は長く、大学時代に光浦靖子さんとコンビを結成し、「光浦は笑えるブス、大久保佳代子は笑えないブス」として活動していたそうです。結成してすぐは光浦靖子の方が売れてテレビにも引っ張りだこだったのに対し、大久保佳代子は全くテレビに呼ばれず、芸人としての活躍は断念し、OLとして働きながらずっとチャンスを待っていたそうです。
しかし中々TVに呼んでもらえずいつの間にかピン芸人と思われていた光浦靖子に、数年後ブスな相方がいると話題になりTVに復活したそうです。それから熟女ブームにのっかりいとうあさこ、鬼奴と共に一気に大ブレイクしたそうです。
ブス熟女なのにそれを認めず、自信たっぷりにセクシーアピールする彼女のキャラクターが受け、大久保佳代子なら憎めないと同性から人気だそうです。
どん底を味わった分、怖いものなしなんでしょうね。今後の彼女の活躍が楽しみですね!

最近の熟女掲示板

  • 投稿日:
  • by

熟女や人妻が好きな男が増えているみたいですね!
最近の熟女掲示板は、気軽に登録してる熟女や人妻が多いので、いい女が意外と多いんです。。
この前会った人妻は、38歳。身長168cmスリムで美脚!胸はDカップとスタイルには申し分の無い人でした。顔も松たか子似のキレイな人でした。
よしセックスするぞ!って時になって彼女が緊張してしまいちょっと引き気味になっちゃったんですよ。
このままじゃHはできないと思い恋人プレイにシフトチェンジ! すると彼女もその気になってきて、一緒にシャワーを浴びました。
僕より先に彼女はベッドへ。僕がサッパリした~って浴室から出ると・・・彼女は帰り支度をしてました。 なんだよー!って・・・
僕は彼女を押し倒し美しく伸びる足を覆うパンストを破きました。これが気持ちイイのなんのって♪そのままパンツの隙間から挿入。
彼女は、全く抵抗しませんでした。しまりがよかったので早々にフィニッシュ。それにしてもきれいな足だった。

人妻掲示板には、欲求不満の人妻が多いんです。
テクニックはさすがにあります。男のツボを心得ている人がやっぱ多かった。その辺の風俗女よりはっきり言って上です。
先日、ゲットした奥さんは痴女でした。 ラブホに着くなりジュポジュポとイヤらい音を立てながらのフェラで1発目を発射。
2発目は彼女を上に乗っけて、僕はマグロ状態での発射。
3発目は僕が後ろから突いてるのに、彼女も合わせて腰を動かす動かす・・・これぞ正に痴女!未だに僕のペニスの先っちょは赤いままです。
痴女ってこんなにイヤらしいんですね。スゴイ体験をしました。

人妻掲示板体験談

  • 投稿日:
  • by

人妻系SNSに登録して、いつものようにメールを出しまくりました。
するとすぐに4通返信がありました。その中から一番よさそうな女性にメールを返しました。早々に写メ交換。
かなり光が当たっているけど、見た目はまずまずです。
後の3人は、とりあえず保留状態で適度にメールのやり取りで、本命の彼女とは会う約束を何とか取り付けました。
その人妻は42歳。あくまで自称ですが。
まあ、しょうがないのですいが、写メよりは実物はちょっとレベルダウンです。
それでも、私の性欲はむくむくと高まりました、しかし、どうも話がかみ合いません。
メールと違って彼女が緊張気味なのかノリが悪い。
私が、タイプでなかったのかもしれません。とてもホテルに誘う雰囲気ではないのです。いろいろと考えた結果その日は、そのまま別れました。
諦めていた帰り道、彼女からメールがありました。「うまく話せなくてすいません。また会いたいです」予想外の展開にテンションは上がりました。
これは次回はエッチできるそう思って、約10日後に会いました。その時は彼女もかなり打ち解けて、いい感じになり、その流れでラブホテルに・・・。
エッチは離婚以来と言うことで、かなりたまっていたみたいで、2回戦を満喫しました。
しかし、ながらそれ以来メールしても返信がありません。私が嫌われたのか、深入りしたくなかったのか、バツイチと言うのは嘘で実は既婚者だったとか・・・。
ネットの人妻出会いとは経験上そんなもんです。

熟女や人妻がモテるその魅力とは

  • 投稿日:
  • by

今の日本の状況は、女性の社会進出の兆しが濃厚の精なのか、ハタマタ、草食男性と言われる、恋愛や結婚に奥手の男性が増加してきている精なのか、男女共の独身年齢が高くなる一方のようで、それに伴い、結婚までこぎつけても、一昔前までの結婚適齢期なる言葉とは裏腹に、高齢結婚カップルが多くなったというのが現状のようです。
事実、私の周りの知人熟女や人妻達も、40歳を目前にして、仕事に夢中状態で、彼氏や旦那はいるのですが、その女性達の全てが、年下の男性とのお付き合いをしているのです。
彼女達にその恋愛事情を聴いた事があるのですが、付き合い始めた頃は、彼氏が自分より年下である事が、気になったそうです。
しかしながら、彼氏のひたむきな、自分への行動や言動が、人妻達の心を揺さぶり、今日まで付き合っているというのです。
それでは、年上の熟女や人妻と付き合っている男性側の気持ちはどのようなものなのでしょう。
その殆どの男性は、女性とは異なり、付き合い初めて、女性が自分より年上であったと知った時でも、そんな事は気にしなかったと答える男性が多いのです。
そこまで男性に言わせる熟女や人妻女性の魅力とは・・・と考えた時に、まず挙げられるのが、年下の自分に対して、一人の男性という視線で観てくれるという事でしょう。
人妻女性は、年下の男性から慕われている事に一種の母性本能をくすぐられる部分があって、男性より年下の女性よりも、大人な女性である分、男性の仕事のミスや悩みに対しても、大きな心を持って、時には諌め、時には大きく包み込む力があるのです。
その微笑みに多くの年下の男性の心は、安らぎと共に、年上の人妻に憧れすら感じ取る事となるのです。


又、年上の熟女女性は、恋愛においても、色んな経験を積んできている女性が多いので、例えば、男性が他の女性に目を向けている時期があったとしても、又、自分以外の女性達にも、優しさを持って接していたとしても、年上であるというプライドが、年下の女性よりも、自分の感情を抑える事を知っているので、じっと知らぬふりをして耐える事も出来る女性が多いので、年下の男性としては、助かる部分があるわけですし、改めて、年上の彼女の包容力に甘える事ができる喜びを感じる事となるようです。
年上の女性の元で生活を共にすれば、結婚という男性にとっては、これからの自分に課せられた大きな責任も、何とか二人で乗り切れるように感じる事も、人妻の大きな魅力の一つなのではないでしょうか。

薬剤師の人妻との出会いからデート

  • 投稿日:
  • by

人妻の彼女が薬剤師で、以前私が何度か立ち寄ったことのある薬局につとめていることはわかっていました。

背のすらりとした、色の白い美心で、客の対応にもそつがなく、笑顔がなかなか魅力的です。
その人妻との出会いは、偶然でした。その彼女が、私のいるカフェバーに一人ではいってきて、タバコを吸い始めたのです。

最初に見たとき、その体にぴったりフィットした黒のワンピース姿の女性が、まさかあの薬剤師とはわかりませんでした。が、なおもちらちらみているうちに、そのタバコをもつ細くしなやかな指さきが、薬剤のひとつひとつの包装ケースをとりだすときのあの指捌きを私に思い出させたのでした。
手から顔に視線を転じると、もうまちがいはありません。他しかに彼女はあのときの薬剤師です。それにしても、白衣姿から黒のワンピースという正反対の変わりようにはさすがに目をみはりました。顔の化粧もまるでちがい、目につけたシャドーも濃いめです。タバコの吸い方は、非常にゆっくりで、一度吸ってから次に吸うまでがながく、その間に灰となったタバコがテーブルに落ちるほどです。
彼女は、私が注目しているのに明かに気づいている様子ですが、人妻によくある妙な羞恥はみせずにむしろ堂々としています。が、ふとこちらをみて、笑みをうかべました。
私はたちあがると彼女の席にちかづいていきました。
「こんばんは」
私がいうと、彼女も同じ挨拶を返しました。
「薬剤師さんですね」
「あら、よくおわかりね。でもいまは、仕事の話はやめにしておきましょうね」
「ええ、もちろん」
「どうぞ、座ってちょうだい」
こんなに胸があったかなと思うほど、いま見る彼女は胸が盛りあがり、セクシーでさえありました。
「よくくるの」
「ときどきね」
「私もときどき。あわないわね」
「でも今日会えた」
「まずは乾杯」
 私たちはハイボールのグラスをカチンとあてました。
 薬剤師という神経を酷使する仕事でストレスがたまると、ここで飲んでうさをはらすとか。飲み過ぎたり、悪酔の経験はないそうで、楽しく飲むとさっさと帰宅して寝るとか。
「君が来るときに僕もこうよと思うけど、迷惑だったらこない」
「どうぞいらして。話し相手がいて飲むほうが、健康にもいいもの」
「薬剤師さんらしい返事がきけたな」
私たちはそれからもときどき、ここで会うようになりました。私も会社のストレスを山とかかえてここにやってきて、彼女と心置きなく雑談しながら飲み交わしていると、その夜はすっきりした気分で熟睡できるのでした。
日がたちうちに私たちの関係は密度の濃いものになっていきました。土曜や祝日にもあうようになり、バーの人工の照明の下で見ていた彼女を自然光の中でみるとまたがらりと印象が変わり、私はそんな人妻の彼女に次第に魅かれていくようになりました。